出産 その時ってこんなもの!

出産 その時ってこんなもの!

妊娠が分かったら、喜びと同時に色々な不安が出てくるもの。

その一つに、出産ってどんなもの?と、言う不安。
自然分娩、帝王切開、無痛分娩、水中分娩・・・今、色々な種類の「分娩」があげられています。
それも、妊娠したら、あるいは妊娠をする前から、ご自身に合った方法を考えて行くのも良いのではないでしょうか。

 

私の場合…自然に、陣痛がきたら産む・・・と、言うのを三回行いました。
ただ、それぞれに違った経験をしました。

 

病院によっては「バースプラン」などを記入し、ご自分のやりたい出産を伝えて、なるべくそれに近づけるようにしてくれると思います。
しかし、これも記入したからと言って、絶対その通りに行くとは思わないほうが良いかもしれません。
その時の状況、状態…色々な事が重なって、何が起こるか分からないのが出産…と、くらい思っておく必要があると思います。

 

私の出産は・・・

 

三人の出産経験のある私の場合は・・・

 

一人目

 

一人目は3日間掛かりました。
出産予定日を2週間過ぎたので、胎児の体重も充分増えていたので、産む準備をしましょうと、陣痛促進剤を使う事に。
促進剤を打っても、陣痛は来ず…ただ、ただ、腰や背中の痛みがキツかったです。
2本目の促進剤を打っても、まだ来ず。激痛は有りましたが、お腹じゃなかったんです。
ようやく3日目に、陣痛らしきものが来て、あとは、吸引器を使うやら、先生が私の上に乗って、お腹を押しまくるやら…さんざんなお産。
でも、「バースプラン」に書いていた、主人立会いは叶いました。
この出産、良かったのか悪かったのか…。

 

二人目

 

二人目は、一人目の経験から、絶対に促進剤は使いたくない!と、当初から自分の中で決めていました。勝手に。
一人目の時に、陣痛と言う物をちゃんと感じていなかったり、破水と言う物も分からずだったので、二人目の時には、予定日の朝、おかしいな〜と、思いつつ、病院にも連絡せず、家で、お腹の痛みを我慢していました。
出血も有りましたが、まだ大丈夫だろう…と、勝手に決め込んでいました。
あの、一人目の記憶があるので、まだまだ大丈夫…と。
しかし、夜になり、とうとう動けなくなってしまい、主人が仕事から帰宅して、あわてて病院へ。
病院へは車で5分も掛かりませんが、到着してから15分も掛からずに産み終えました。
車の中では、座る事も出来ず立った状態で移動。

 

先生に怒られました…。
これも、経験です。
しかし、一応主人の立会い、一人目も一緒でへその緒も切ってくれました。

 

三人目

 

三人目は、当初から先生と「まともな出産」をしようと、言っていました。

 

その甲斐あってか、出産予定日より早かったですが、明け方に「ん?これ破水??」と、言うのを感じました。
そして、落ち着いて病院に電話を入れ、看護師さんと世間話をしつつ「じゃあ、今から行きますね〜」と。

 

そして、陣痛も感じ、三回目にして初めて、落ち着いて出産をする事ができました。

 

痛みは三回とも同じでしたが、でも、産んだ瞬間「あっ、これなら我慢できる痛みだな〜」と、43歳にしての出産でした。

 

その時々で、違うお産、感じ方も違えば、状況も違う

 

こうであるべき!と、考え過ぎずに出産日を迎えて下さいね!